本格的な格闘技を学べるボクシングジム

リング

格闘技には色々なものがありますけど、テレビでも人気が高いのがボクシングです。このスポーツは学生の大会が開かれることもある、普通に行われているものです。本格的な格闘技として学ぶ時はジムに行きますが、どこを利用するかはよく考えたほうがいいです。

ボクシングは学ぶ所によって実力が変わりやすく、良いコーチのいる所ならば高い実力をつけられます。良いコーチのいる所は実績のある選手もそろっているので、色々なテクニックについて学ぶことも可能です。

またこのような所は本格的な格闘技ではない、スポーツで行っている所もあります。スポーツで行っている所はダイエット目的の所もあるため、格闘技を学びたい時は行かないほうがいいです。

ボクシングは日本国内でも人気のあるスポーツですが、実力をつけたい時はジム選びが重要です。実力のある所はある程度経験を求められることもありますけど、多くの場合は未経験でも学べます。

ただ年齢が若い必要はあるので、ある以上の年齢の場合はうまく利用できないこともあります。格闘技として人気のあるボクシングは実力をつければ、大きな大会で勝つこともできます。プロになれば賞金ももらえるものですから、本格的に学びたい時は良いジムを選ぶべきです。

格闘技全般に言えることですが、特にボクシングは日本だけではなく世界中のブックメーカーのユーザーに人気があります。KOするかしないか?何ラウンドでKOか?採点での決着かなど、ブックメーカーのボクシングには数多くのオッズがあります。見ているだけでテンションがアップするボクシングの試合をさらに楽しくさせる要素がブックメーカーには満載です。

多数の日本人選手が世界戦をするので、日本のボクシングファンもブックメーカーは楽しめるでしょう!

スウェー

格闘技トレーナーとは

ボクシング

スポーツに関する医科学が広く普及した現在では、選手やチームにとって安全なトレーニングを行うためのトレーナーの存在は欠かせません。格闘技を含めるスポーツトレーナーは専門の国家資格は存在しませんが、日本の法律で人体に触れて医療と似た行為を行う場合、医療系の国家資格が必要と決められています。そのため、格闘技のトレーナーは何らかの医療系国家資格を取得しています。

柔道では柔道整復師の資格を取得する場合が多く見られるのが特徴です。仕事内容は主に二つの役割があり、一つは応急処置やリハビリを行うメディカル担当です。体に直接的なダメージを負う可能性がある格闘技では、怪我や故障が起こることも少なくありません。試合中に怪我をした選手を治療したり、故障した選手に効率的なリハビリを提案することができます。

トレーニングなどで肉体を構築していくのはフィジカル担当の役割で、柔道で重要となる体幹を鍛えたり、一人ひとりの体の状態を見極めて最適なトレーニング方法を提案します。筋力だけではなく、瞬発力や持久力などを鍛えるプログラムの作成や、トレーニングのサポートも行います。格闘技それぞれの競技に合わせ、肉体の構築を行うのが主な仕事内容です。

格闘技は定期的なストレッチが必須

ストレート

自分の筋力に自信を持っている方々が、これから格闘技を始めるつもりなのでれば、自身の筋肉の硬さに早いうちに気付かなければいけません。ボクシングやレスリングや柔道などの格闘技をやっている方々は、自身の筋肉の量を増やす事よりも、柔らかくて動かしやすい筋肉を作る事を重視しています。

もし筋肉が硬いままだと、レスリングのタックルなどの動作を行った際に、一部の筋肉が衝撃で切れてしまう可能性もあるためです。その筋肉の硬化を防ぐために、驚くほどに長い時間のストレッチを行っている格闘技の選手も珍しくありません。

ランニングなどの軽い運動を行う際にも、筋肉をしっかりと伸ばしてからでなければ、筋肉にダメージを負ってしまう場合もあります。

これから格闘技を始めるのであれば、ストレッチのやり方のコツから最初に学んで、筋肉をケアするための知識を身に付けてください。

レスリングや柔道などの腰の筋肉を使う競技を始めるのであれば、腰をしっかりと動かすストレッチだけでも10分から20分は行い、タックルや背負い投げの衝撃に筋肉を作り上げる事が重要です。筋肉を伸ばすために身体を動かし続けているだけでも、筋力トレーニングの効果を得る事ができますから、準備運動に時間をかけすぎて問題になる事はありません。

ボクシンググローブ